ヴィアージュナイトブラは雑誌にも多数取り上げられている、大注目のナイトブラです。

美胸キープの専用構造で徹底的にバストをサポート。

ギュッと寄せて丸みアップ、グイっと集めて横流れガード、グッと持ち上げて上向きサポート。

見た目はスポーツブラのような形で、フリルやレースがついていないので、見た目重視の方は少し残念かもしれませんが、ナイトブラの中では一番人気なのです。

ヴィアージュナイトブラは、毎日使うインナーだからこそシンプルさを追求しました。

ワイヤーやホック、タグまでも無くして、ストレスフリー。

らくちんキレイな実力派、機能性重視のバスト美人の賢い選択。

 

バストケアは可能な限り早く始めるのが重要!

バストの組織を支えて釣りあげているクーパー靭帯はいわば土台のような存在です。

重力や揺れによる負荷で伸びたり切れたりしてしまいバストの丸みを保てなくなります。

 

着るだけで理想の形に!

垂れそう、離れがち、崩れ気味・・・・特に就寝時のバストは無防備。

就寝時に何も着けていなと重力の影響であらゆる方向に脂肪が流れて行ってしまいます。

しかしこれは、就寝時のバストをサポートすることで対処可能。

だからこそナイトブラをおすすめするのです。

 

ヴィアージュナイトブラのパットは重要アイテム!

S・M・Lの3サイズに合わせてパットの大きさも変えているので、寝ている間のパッドのずれも防げます。

厚みのある凹凸のパットによって、くっきり谷間に補正します。

特にAカップなどのバストが小さめな方には、このパットが重要アイテムになってきます。

バストのワキからアンダーにパットの盛り上がりで寄せ集めたバストを固定し、流れださないようにしてくれるんです。

ただ、Dカップ以上の方になると、パットを入れることでバストが潰れるという意見もあり、バストのタイプによっては入れなくても大丈夫。

ホールド力は変わりありません。

 

ブラパット正しいつけ方。

ヴィアージュナイトブラのパットはバストを固定し、脂肪をワキや背中に流出させないために重要アイテムだという事が分かりました。

パットの凸部分が自分のバストの側面からアンダーに当たるように向きを決めてからパッドを入れると調整が楽です。

少し面倒ですがパッドの向きを正しい位置に入れることでキレイなバストの形が保たれるので、付けてみてパットの位置に違和感があれば微調整をしてベストポ
ジションを決めましょう。

慣れるまでは面倒ですが、慣れてしまえば簡単に装着できるようですよ。

 

まとめると・・・。

 ヴィアージュナイトブラのパットは、入れても入れなくても大丈夫。

 日中使用の場合は、パットはいれてバストの位置を固定することがベスト。

 日中使用でパッド使用するとバストが潰れるという人はお出かけの時に薄いパットを入れるとトップも目立ちにくいです。パットをつけなくてもホールド力は変わりません。

 もともとバスト周囲のぜい肉を集めてバストに固定し、流出を防ぐ目的なのでパット自体は、この機能を助けるためのものなので使用しなくてもOKです。

パットは洗濯時にはとりはずすようになっているので、使用ごとに出し入れは必須ですが、慣れてしまえば定位置に固定は簡単だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です